【北アルプス】2泊3日立山登山の旅(縦走1日目)

川渡り

スポンサーリンク




扇沢

扇沢の朝です

扇沢

扇沢駅の入り口です

▼前回の記事はこちらから

【 北アルプス 】2泊3日立山登山の旅(準備編②)

2017.09.05

さていよいよ、登山を開始することとなりますが、1日目の予定は

1日目:黒部ダム→ロッジくろよん→平ノ小屋→五色ヶ原キャンプ場(テン泊)

としていたのですが、事前に調べていた天気は雨。

立山黒部アルペンルートを利用すれば一気に室堂や雷鳥沢キャンプ場方面に行けるのですが

「立山にいきなり登って雨の岩場の稜線を渡るのは嫌だ」

と考え

「いったん黒部ダムまでトローリーバスで行って、そこからダム沿いに五色ヶ原でテン泊が良いのでは?」

とルートを検討しました。

昭文社の地図上では黒部ダム〜五色ヶ原キャンプ場まで大体コースタイムが8.5時間

「朝8時からスタートすれば16時にはつくでしょ。」

という考えでスタートしましたが、これが甘く実にハードな1日目となりました。

▼2018年に飯豊山にも行ってきましたが、なかなか気持ちのいい北アルプスにも負けない山でした。よければこちらもどうぞ。

■ 飯豊山 へ1泊2日で登ってみたらヤバ最強に良かったって話 | その4

2018.08.02

■扇沢〜黒部ダムへのアクセス

前日は1:30位に車内で就寝。寒いかなーと思いましたが全然寒くもなく、一瞬で寝られました。

翌日は5:30にとりあえず起きよう。と話していたんですけど、お互い眠過ぎでダラダラしてしまい結果6:00に起床。起きたら全力で雨。

その日は天気予報によれば「15:00から晴れる」とのことだったので、午前中はずっと雨だろうと腹をくくり、朝食を食べて準備を行い7:00に出発しました。

扇沢から黒部ダムまでのアクセスはトローリーバスとなっていますが、前日まで仕事の我々は扇沢までのアクセスについてしか調べておらず、扇沢から先は現場で調査を行いました。

そんな中で調べたトローリーバスの時刻表によると、7:30発のバスが自分らの行程的には良さげだったので、こちらを利用することにしました。

■トローリーバス利用の注意点は?クレジットカードは使える?

これは今回の学びというか実体験なのですが、黒部立山アルペンルートでは交通機関でのチケット購入時に、「クレジットカード使えたり使えなかったりする」ので気をつけたほうがいいということがあります。

今回扇沢でのトローリーバスのチケット購入時にはクレジットカードは使えました。

しかし、他の駅(僕らの場合は黒部ダム)では使えませんでした。

この後書いて行きますが、これが結構なトラブルになってしまいまして、チケット購入時に駅員さんが「往復ですよねー?」と確認をしてくれたんですけど、僕らは登山、帰りのタイミングも良く分かっていないので、ここで帰りの時間を固定したくない。という意思を込めて男らしく「片道で」と、片道切符を選択しました。

今思えばここで往復切符を買っておけば何事もなかったのですが…

■黒部ダムの漫談駅員による販売トークを朝から聞く

中里之宏さん

中里之宏さんです。めっちゃ朝から売ってます

扇沢の行列

朝でもやっぱり並びます

チケットを購入し、7:30発の黒部ダム方面ゆきのトローリーバスを改札で並んで待っていると、右手から車掌さんが何か大声に近い声で、かつ漫談風な話し方で何かを話し始めました

寝起きでまだ頭がはっきりと回っていなかった僕はちゃんと聞いていなかったんですけど、よくよく聞くとお弁当を進めているようでした。要は販売の人だったようです。

はじめはあまり気にしていなかったのですが、芸人さん顔負けの語り口とオチの付け方で思わず笑ってしまいました。ただ時刻は登山客を中心として並ぶ早朝7:30。本人も言っていましたが、この時間ではお弁当は売れなかった様です。

※後で気になって調べたら「中里之宏さん」という方でどうやらTVにも出演された人らしいです。早朝ですが並んでいる皆さん商品説明を聞いて拍手してましたのも納得でした。有名なんですね。

■黒部ダム〜平ノ小屋までは意外と怖かった

トローリーバス

トローリーバスです

トローリーバス

トローリーバス内部です

黒部ダムに到着すると展望台経由でトレイルのルートへ向かいます。雨も強くなったり弱くなったり。この時黒部ダムの売店で一緒に行ったJさんが傘を購入しました。

観光放水

これが噂の黒部ダム観光放水です。

観光放水

近くで見ると迫力がすごいです。

黒部ダムからロッジくろよん目指して歩き始めました。黒部ダムからロッジくろよんまでのコースタイムは約45分。

途中で橋を越えて、黒部ダムの遊覧船「ガルべ」の船着き場を越えて進みます。吊り橋を越えて進みましたが、ロッジくろよんまでの道のりは舗装されている箇所もあり、歩きやすかったです。

黒部の吊り橋

黒部ダムからロッジくろよんの間にある吊り橋です

ロッジくろよん

なんだかんだ話しているとロッジくろよんに着きました

ロッジくろよんに着くと雨も強くなり、雷も鳴ってきました。Jさんと「どうする?引き返す?」というような話になりましたが他にも歩いている人もいましたし、地図上では緩やかな道なイメージで高低差もまだなかったので、とりあえず進みましょうということに。

いったん歩くと決め、傘をさしたまま平ノ小屋目指して歩きました。ロッジくろよんから、平ノ小山でのコースタイムは3時間30分、しんどそうですが、樹林帯なので雨も防げるか、とこの時までは思っていました。

結果はそれ以上に雨と風が強く土砂降りの中を歩きました。本当に辛かったです、唯一の救いはほぼ高低差がないことでした。

2人とも無言でいていましたが、ロッジくろよん過ぎてから、以下の写真のような川ががいくつも続き、思わずお互いに恐怖の声を上げてしまっていました。

丸太橋

この形式の橋がかなりあります。結構怖い

丸太橋

坂が急で滑りまくりました

はしご

はしごも多少ありました

滝

見上げると小さな川も滝のように

雨の、かつ縦に並べられた丸太が滑ってしょうがない。本当に辛い道のりでした。ロッジくろよんから平ノ小屋まで写真のような川を3〜4個は渡りました。みなさま本当に気をつけてください。

今回は結構な雨でしたのでかなり流れは急でした。このルートで雨の日に行ってしまう(しまった)方はかなり注意した方がいいと思います。

川幅も一部広く、マーキングがあまりなかった(雨であまりみえなかっただけかも)ので迷わないように注意が必要かと思います。

一瞬、(本当に一瞬ですが)激しい流れの中に足を突っ込んでしまい「あ、流されるかも」と思ってしまいました。

川渡り

この川が一番怖かったかも

次回は平ノ小屋から五色ヶ原へ向かう道のりを中心に、色々書いて行きたいと思います。

▼次の記事はこちらから

【北アルプス】2泊3日立山登山の旅(縦走1日目②)

2017.09.13

▼あわせてこちらもどうぞ

飯豊山 へ1泊2日で登ったらヤバ最強に良かったって話...その1

2018.06.27

OMM LITE2018 |今年はどう臨む?登山・トレラン素人の僕が出場して分かったこと

2018.05.23

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark