SUUNTO ( スント )コアの1000円台ベルトをAmazonで購入|購入レポ#35

SUUNTO ( スント )コア

スポンサーリンク




SUUNTO ( スント )コアの時計について、「1000円台でベルト購入・交換した」話について、お送りしたいと思います。

今回は「時計のメンテナンス用品」という少しマイナーなテーマかもしれませんが、思いのほか満足度がある商品でした。

▼過去に自分が使用している「SUUNTO CORE (スントコア) Regular Black」についての記事を書きました。よろしければこちらもどうぞ!

SUUNTO CORE (スントコア) Regular Black

コラム | 「SUUNTO CORE (スントコア) Regular Black 」を3年使って分かったこと

2019年2月26日
注意
以下はあくまで個人的に商品を購入し、試してみた感想です。商品の性能や品質を担保するものではありません。ご購入の際にはショップ、オフィシャルサイトの情報をご確認の上ご購入をお願いします。

SUUNTO ( スント )コアのamazonで出てるベルトは買い?

まず、結論からお話してしまうと個人的な意見ではありますが、この商品「買い」だと思います。

まだこのベルトを装着して数日しかたっていませんが、「いきなり壊れる」という事や、「つけづらい」「違和感がある。」という事は確認されていません。

SUUNTO ( スント )コア

装着後のベルト

SUUNTO ( スント )コア SUUNTO ( スント )コア

あるとすれば、「少しベルトの色が薄い気がする」事と「はじめはちょっと固い」というくらいです。

正直、「日本正規品」としてメーカーで出しているものと大差があまり無いと感じました。これだったら1000円台は買いかなぁと。以下でもう少し掘り下げて、この「amazon で1000円台のベルト」が買いである理由を書いていきます。

SUUNTO ( スント )コアのベルトは切れやすい?

スント (SUUNTO) コアですが、僕はもう4-5年こちらの時計を使用しています。途中で壊れ、今使用しているのは2個め。

SUUNTO ( スント )コア

今回もここから切れました

2個をこの間に使用し、交換したベルトは合計4本。約1年と少しで1本はベルトが切れる計算になります。

これで、まともに3000円台のスントコアのベルトを買うとなると結構な出品ですよね…。しかも電池交換も必要なスント (SUUNTO) コア。ランニングコストが、そこそこかかります。

※上記が日本正規品のベルト

個人的にはスント(SUUNTO)コアについては「消耗品」として捉えているので出来る限りコストはおさえたいと思い、今回この商品を探しました。

さっそく注文したものを開封してみた。

このベルトをamazon で見つけ、レビューを確認し、問題なさそうと分かった瞬間に脊椎反射で購入してしまいました。

※上記は「1269円」になっていますが、ブラックカラーは現在1059円

そこから1日くらいで届いたので早速開封してみます。内容はいたってシンプル。

タイトル
・ベルト
・留め具
・ドライバー(二本)
SUUNTO ( スント )コア

届いたパッケージはシンプルすぎ

SUUNTO ( スント )コア

内容物です

SUUNTO ( スント )コア

 

となっていますが、この時疑問なのが「ドライバーが二本ある」という点。

実はこのドライバー片方は「ネジを押さえる為のもの」もう片方は「ネジを回すためのもの」となっており、二本ないと外すのが難しいと思いました。(と言うか多分外れないと思う)

実際に装着してみた

さて、まずは古いベルトを実際に外していきます。外す時の写真は一人で取れないので、簡単に手順を以下に記します。

SUUNTO ( スント )コア

このドライバーが重要

またYouTubeで実際に外されている方がいたのでそちらの動画もUPしておきます。

外し方
1:ネジをドライバーで押さえる
2:もう片方のネジにドライバーを差し込んで、回す。
3:ネジが浮いてきたら、手かピンセットなどでネジをつまんで外す。

と言う形で外します。装着する際には「短いネジ」と「長いネジ」が一対になっていますのでそれを差し込み、「ドライバーで片方を押さえ、片方で回す。」という外した時と同じ要領で装着します。

▼見つけたyoutubeの動画はこちら

SUUNTO ( スント )コアのベルトは外しづらい?

スントコア、周りにも使用している方がおり、「ベルトが外しづらい」と聞くことがあるのですが、正直そこまで難しいという事は感じませんでした。

「はずしづらい」と感じる理由のひとつは「毎回久々にベルトを装着するので、そのやり方を忘れてしまう」からかもしれませんね。

スントコアのランニングコストを押さえたい人にオススメだと思う

今回の商品はスントコアを使用するにあたって、「電池交換やベルトの交換にかかるランニングコストを低く押さえたい!」と言う方にオススメの商品かと思いました。

SUUNTO ( スント )コア

つけ始めはは硬いです

SUUNTO ( スント )コア SUUNTO ( スント )コア

個人的な考えではありますが、「定期的にベルトや電池を交換する」と言う行為について考えようによりましては「常に時計を安全な状態に保つ」と言う点では良い事なのかもしれません。

登山中にいきなり電池が切れたり、ベルトが切れてしまっては大変です。皆さんもスントコアのメンテナンスを忘れずに安全な登山を楽しんでいただけましたらと思います。

他のスントSUUNTO ( スント )コアのベルト

最後に、色々探していたら見つかった「スントコア」のベルトをこちらに記載していきたいと思います。是非とも他の商品もみていただき、参考にしてもらえればと思います。

SUUNTO COREのレザーベルト

こちらは探していたら偶然見つけた「スントコア用のレザーベルト」正直、マッチするのか…とも思いますが、お値段も安いので意外とオススメかもしれません。

apple watch風?のスント用のベルト

こちらはapple watch風?のベルトで、ランニングなどをする方には結構良さそうなベルトです。個人的には「黒と黒」などのカラーリングがあったらいいなぁと思います。

SUUNTO COREのステレンレスベルト

最後に見つけたのは「スントコア用のステンレスベルト」。レザーと同様に普段使いがメインの方などはオススメかもしれません。個人的には黒色がいいかなぁとか思ってしまいます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark