OMM JAPAN 2019 プログラム、同意書、スタートリストが公開|ニュース

OMM2018

スポンサーリンク




OMM JAPAN 2019 KIRIGAMINE – KURUMAYAMA、今年もこの時期がやってまいりました。私も通算、3年目ですが、こちらの大会に参加させていただきます。

さて、先週の10/24(木)にOMM JAPAN公式サイトで諸々情報が公開されてまいりましたので、今回はニュースとしてお送りしたいと思います。

注意
こちらは10/30(水)時点の情報になります。詳細はOMMの公式サイト(https://theomm.jp/) をご確認いただき、大会に望んでいただけましたらと思います。

OMM JAPAN 2019 にて、プログラム、同意書、スタートリストが公開

OMM2018

OMM JAPANは事前のプログラムの読み込みや、同意書の作成、提出、そしてスタートリストの確認など事前に行っておいた方が良いことが結構あるな。と感じていますので、皆さんの事前準備の参考、というかリマインドになりましたら幸いです。

OMM JAPAN 2019 イベントプログラムについて

こちらはOMM JAPANにおいての「ルール」「安全性の確保について」「レースの流れについて」「スケジュールなど」が書かれている重要な資料です。事前のチェックはしっかりと行っておいた方が良いかと思います。

なお、公式サイトによると「過去と異なる点もあるのでチェックはしっかりすること」との事でちゃんとチェックして向かいたいですね。

大会参加同意書(必ずプリントアウト・全項目記入のこと)

こちらも、毎回、必要な提出物で、「必ずプリントアウト」という事で注意が必要かと思います。プリントアウトをギリギリまでしないでテンパることもあります。また、毎回大会当日の朝は混み合うことが多いので、できれば早めに準備した方がいいですね。

スタートリストについて

スタートリストも公開されています。OMMは一斉にスタートするのではなく、時間と出場者を区切って順次のスタートですので、自分の時間を確認して遅れないようにしたいですね。

ちなみに、毎回遅刻が怖くて「スタート地点に早めに着いてしまう」事が多いのですが、それはそれで体力を持っていかれたりするので、毎回毎回悩んでしまったりします。

メンバー変更について

メンバー変更については10月30日(水)までのようです。もし、メンバーの変更がある場合はこちら注意が必要かと思います。※これを書いている当日で締め切りだったようです…書くのが遅かったですね…

今回初の開催「OMM FILM AWARD」って何?

OMMのホームページを確認していたら見つかった「OMM FILM AWARDS 開催!」というニュース。

こちらはOMMに参加する選手によるドキュメントの映像コンテストらしく、優勝?グランプリ賞金はなんと10万円。

上位3作品までしっかりとした賞金が出されているようでして、最優秀賞から以下が7万、3万円と賞金が設定されているようでした。詳しくはこちらで確認していただければと思います(https://theomm.jp/my-omm-film-award-2019/)

自転車の世界などにもある「映像文化」

「ある競技のドキュメントをアワード形式で送る」という文化は他の競技でも見ることができます。

私が知っている中だと自転車の映画祭「BFF(Bicycle Film Festival)」が有名だと思います。「自転車の関わり方」についてそれぞれが映画を通して表現をする。という、自転車競技を別な観点で楽しむ、そんな映画祭がありますが、それに近いなぁと思いました。

さて、今後もOMM JAPAN 2019 までの開催についての情報が更新されてきましたら、随時こちらにUPしていきたいと考えています。引き続き大会まで、準備をしっかりできていければ良いかなと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark