BASE NOODLEベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)を登山で行動食にした

BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)

スポンサーリンク




BASE NOODLE (ベースヌードル)※旧ベースパスタ BASEPASTAって皆さんご存じですか?普段僕は健康食品を調べたりするのが好きなのですが、その過程で知ったのがこの商品。

こちらは「忙しい現代人が手軽にバランスが良く栄養素を摂取できる。」(1食で1日に必要な栄養素の1/3)というコンセプトの商品らしく、生活が不規則になりがちな僕には結構向いているかも、と思い定額で毎月購入している商品です。

今回はそんなベースパスタを「登山で使ってみたらどうなるか?」という記事です。現在はこちらの商品「BASE NOODLE(ベースヌードル)」という商品名なのですが、僕が購入していたのが、旧商品名(ベースパスタ BASEPASTA)という商品名なので、混在していて恐縮ですが基本はBASE NOODLE(ベースヌードル)記載しておきます。

注意
以下は個人的にBASE NOODLE(ベースヌードル)(※旧ベースパスタ BASEPASTA)をハイキングで使用してみただけの感想になります。商品の購入については必ずオフィシャルサイトをご確認の上、ご購入をいただけましたらと思います。

BASE NOODLE(ベースヌードル)を登山で使うのはアリ?

BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA) BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)

結論「アリ」だとかなり思いました。2日間の山行で合計3回いただきましたが、登山・ハイキングにおいての行動食に結構向いているなと感じました。

向いてると思ったポイントは以下の点です

・腹持ち
・調理のし易さ
・価格

また欠点もいくつか見当たったので、合わせて以下により詳しく書いて行きたいと思います。

ベースヌードルを購入したきっかけ

ベースパスタを購入したきっかけは、「1日これだけ食べてたら問題ない」といういわゆる完全食を、当時、勤めていた会社の上司が食べ始め、それを見た僕が興味をもって調べ始めた事によります。

そしてその調べている中で見つけたのがこのBASE NOODLE(ベースヌードル)(※旧ベースパスタ BASEPASTA)です。

当初は「遅く帰った時の食事」として購入しましたが、ある時「登山に持って行ったらどうだろう」と思い、以前お送りした「佐渡島での登山」にて行動食として持っていく事にしました。

▼佐渡島登山の様子はこちら

佐渡島 フェリー

佐渡島 へ登山に行ってみたら…意外と雪山でゴリゴリだった件①

2019年5月10日

ベースヌードルを行動食にした

BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)

こんな感じで食べます。全然茹で上がりが早いです。

という事でこのベースパスタを行動食として、ハイキングに持っていく事に。今回は一泊二日の小屋泊で使用してみる事にしました。

BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)

定期購入者への冊子もかわいい

BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)

おまけで付いてきた豚骨スープ

以下から、上に書いた「ベースパスタがハイキングに向いてる理由」を書いていきたいと思います。

腹持ちが良い

ベースパスタは個人的にはパスタと言いつつ「田舎そば」の太さと適度にかたさを持っています。そのため良くかんで食べる事にもなりますし、何というか「おなかの中で膨れる」感じがあって、普段、持っていく袋麺などよりは腹持ちがかなりあります。

調理がしやすい

ベースパスタですが推奨される、ゆで時間は「3分」でして、麺も半生のような感じです。ですので沸騰したお湯に突っ込んで少し煮立てたら、ゆで上がるので調理はかなりし易かったです。

こちらは推奨されているか分かりませんが、ゆで汁も乾燥スープと混ぜで飲み、ゆで汁とパスタは毎回、食べきっています。

価格

これはどのように購入するかにもよるのですが、僕は16食を毎月定額で購入しておりまして、1つあたり351円程度の金額です。

こちらを高いからどうか、袋麺などと比較するとどうしても高いと感じてしまうかもしれませんね。ただ、ウルトラランチなど「からだに良さそうな行動食」をなどと比較すると、個人的には「そこまで高くないなぁ」と思いました。

ベースパスタを行動食にした時の欠点

BASE NOODLE ベースヌードル(※旧ベースパスタ BASEPASTA)

重さは1つあたり133g程度

では、逆に「ベースパスタを行動食にした」場合の欠点ってあるのだろうか?という点について少し考えました。

以下に個人的ではありますが、使用して思った事を書いて行きたいと思います。

若干重い

これは、生めんだからと言う所もあると思っているのですが、いわゆる袋麺と比較すると若干重いです。容積はそこまで取らないのですが、乾麺と比べてしまうと若干重いです。

生なので不安

真夏の北アルプスなどに行こうとした場合、麺が生なのでちょっと不安があります。真夏の登山ではまだ試してはいないのですが、春や秋の少しひんやりしてきた登山で使用した方が良いのかなと感じています。

ベースヌードル(ベースパスタ)に合うソース

ベースパスタに合うソースについてですが、個人的にはバジルソースなどがとっても良かったです。「かけるだけでOK」のパスタソースで十分においしく食べることができました。この点も登山で使いやすいと感じた点の1つです。

また、「パスタ」と言いつつも和風などの味にも程よくマッチするので、ソースを選ばない点が魅力的でした。

ベースヌードル(ベースパスタ)はハイキングに向いている?

個人的にベースパスタを登山に持っていき使用しましたが「登山で食べやすい食事である」と感じました。

また栄養バランスがとてもいいので、普段の食事で取り入れていますが、回復が早くなる気がします。

登山では結構食事のバランスが崩れてしまう事が僕は多いのですが、ベースパスタならばその点もクリアになり、長くハイキングができるかなぁと考えました。

みなさんもベースパスタに限らず、いろいろなジャンルから食事を考えてみるのもハイキングにおける選択肢を広げる事になるかもしれませんので、いかがでしょうか。今回はそんな「ベースパスタ」のお話でした!

と思ったら日清から同じような商品「All-in PASTA(オールインパスタ)」が出ていまして、こちらもとっても気になります…..

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark