ANSWER4 のウインドシェルを購入してみた | 購入レポ#1

answer4

スポンサーリンク




ANSWER4 から出たウンドシェル…思わず買ってしまったことをきっかけに、今回から「購入レポ」と題して、実際に購入したギア・ガジェット・アウトドアウエアなどを紹介するコンテンツを立ち上げます。

ウルトラライト周辺や、それ以外の情報から得た個人的に(本当に個人的に)気になった、気に入った商品を、できるだけ購入し、使用したものだけ紹介していきたいと思います。

answer4

胸元です。タグはなくプリントがされている

今回の第1回は冒頭でも書いた通り、日本でトレイルランニング専門のガレージブラントとして人気の高い同ブランドがリリースしたウィンドシェルジャケットについてを紹介します。

「ミッケラー トウキョウ (Mikkeller Tokyo)」で開催したイベント「RYUJI KAMIYAMA × ANSWER4 “100mile SUCKS!! Exhibition -腐れ縁-」で先行リリースされました。このイベントの様子からお送りします。

RYUJI KAMIYAMAさんとの展示会で先行販売

answer4

全体感です。シワシワでごめんなさい。

2017年11月13日(月)〜15日(水)の3日間、渋谷の「ミッケラー トウキョウ (Mikkeller Tokyo)」「RYUJI KAMIYAMA × ANSWER4」で行った「腐れ縁」をテーマにした神山さんのアート販売、ウエアなどの商品販売などがあるイベントが行われました。たまたま仕事が休みだった僕はこちらのイベントに参加してきました。

11月13日(月)の15時から開催のようだったのですが、ミッケラー トウキョウに到着すると、1Fにビールを求めてきたお客様がすでに数組おり、2Fに上がると、1組のカップルと思われるお客様が展示やウエアを試着していました。

ANSWER4 ウインドシェル購入時のサイズ選び

answer4

胸元のプリントがかっこいいです。

実は、前日までOMMJAPAN2017に参加していた僕。そこで3年ほど使用していたRabのウインドジャケットの背中が崩壊直前まで来てしまい、買い替えを検討していました。

今回は良い機会かなぁと思いまして、購入するつもりまんまんで今回の展示に来ました。

サイズについては実際に同ブランドのデザイナーの方にアドバイスをいただきながら試着し、Lサイズに決定しました。

173センチ79kg、そこそこ筋トレした格闘家、競輪選手、ラグビー選手、そしてメタボ気味である体型の僕は「絶対Lの方がいい」「中に薄手のフリース着ると思うし」と色々アドバイスをもらいつつ、このサイズに決定することになりました。

ウインドシェルの特徴、スペック

このウインドシェルではschoeller(シェラー)の素材が使用されているようです。シェラーは1867年に創業されたスイスの生地メーカー。

まだ藪の中など歩いていませんが、穴あきについて質問したところ、穴が空いても一気に広がるような素材ではないそうです。リペアで対応できるかもしれません。以下に分かっているスペックをまとめました。

ウインドシェルの特徴、スペック

素材:schoeller(シェラー)製 ナイロン91% ポリウレタン9%
価格:19000円(税抜)
サイズ&重量:XS65g、S70g、M73g、L76g
色:黒

answer4

分かりづらいですがワキに穴が

また、この商品で新しいと思った点としては、ワキに穴が空いており、こちらで通気性を確保しているようだという点。まだ30分程度の散歩(少し小走り)で使用していませんが、そこまでムレ感が無く快適に使用する出来ました。

またパッカブル式になっておりiphone6s程度の大きさまで折りたたむ事が可能で、コンパクトになります。

answer4

小さくなるのは便利ですね

イベント限定で「100mile SUCKS!!」のプリント

answer4

かわいいプリントが

今回のイベント限定で背面の裾部分に“100mile SUCKS!!”のプリントが施されていました。

購入時は気づかなかったのですが、後でANSWER4の公式Facebookやインスタグラムを確認したところ、今回のイベント限定であったようです。少し得した気分になってしまいました。

機能性を求めて色々こだわったけどそれだけでは芸がないのでギリギリまで軽さを追求したウィンドシェル。 折角の軽さを台無しにするけどここにプリントしたら面白いんじゃないかって事で、イベント限定で背面裾に“100mile SUCKS!!”をプリント。 . ANSWER4を始めてもうそろそろ三年 あの時に思い描いていたモノの全てがもうそろそろ揃う。 資金も人材も潤沢にあればウサギ並の速さで進めるけど、業界未経験のカメが右左キョロキョロしながら走ってきたから本当に長かった・・・ . <ウィンドシェル> 価格/19000円(税抜) サイズと重さ/XS65g、S70g、M73g、L76g 色/黒 . 今日から水曜日までミッケラートーキョーでお待ちしています!

#answer_4さん(@answer_4)がシェアした投稿 –

ウインドシェルの今後の販売について

公式Facebookやインスタグラムでは「今後は未定」との事です。もし欲しいという方は定期的なチェックが必要かもしれません。

今回の【購入レポ#1】はウインドシェルジャケットを紹介しました。次回もまたジャンル問わず買って見てよかったものを紹介していきたいと思います。

▼他のANSWER4についての記事になります。ぜひどうぞ

Power Grid Full-Zip Hoodie

Answer4 Power Grid Full-Zip Hoodie | 購入レポ#7

2018年2月27日
大室山~加入道山縦走

丹沢 | 大室山~加入道山縦走&キャンプの旅 | その3

2018年5月4日

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark