ソラチタニウムギア (SOLA TITANIUM GEAR)のスーパーネイチャーストーブ#1を3年使って|購入レポ#14

ソラチタニウムギアのスーパーネイチャーストーブ

スポンサーリンク




ソラチタニウムギア のスーパーテーブルを以前に紹介しましたが、今回はスーパーネイチャーストーブを紹介させていただきます。

バックパッキングをする際に持っていく焚き火台って?という時にほとんど定番として紹介されている感じのあるこの商品。僕も購入してすでに3年近く経ちましたが、紹介させていただこうかと思います。

※5月10日(木)追記:5月11日19:00より販売が決定したようです

ソラチタニウムギアのスーパーネイチャーストーブ

SOLA TITANIUM GEAR (ソラチタニウムギア)各商品、山と道のMINI Custom Edition予約購入開始

2018年5月10日

ソラチタニウムギア(SOLA TITANIUM GEAR)って?

細かくは以前紹介した、以下の記事を参照していただければと思いますが、「他のメーカーにはありそうでない」「あったらいいなぁ」という痒いところに手が届く。と言ったらいいのでしょうか?そんな商品をリリースしているメーカーです。

ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ
SOLA TITANIUMGEAR Super Table#1

ソラチタニウムギア のスーパーテーブル#1 | 購入レポ#6

2018年1月19日

SOLA TITANIUM GEAR | Super Naturestove#1のスペックは?

サイズ(moonlightgearのホームページより)
・火床:220mm×130mm
・仕舞い寸法:250mm×230×4mm
・重量 本体:126g
・チタンミニ火はさみ:6g
・カーボンフェルト:35g
・タイベックケース :11g
・素材 チタン、耐熱メッシュ
ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ

このアイテムを使う前には「ブッシュバディストーブ ブッシュバディウルトラ」を使用していまして、そのアイテムも軽かったですが、それに負けずこのアイテムも軽いです。

ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ

▲格納した状態です。(真ん中の黒点は穴です・笑)

 

ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ

一番右は別で使っている網です。今回のアイテムとは関係ありません。

個人的なポイントは「平らに仕舞うことができる」という点。実はこれは結構使いやすさのポイントだと思っています。というのも、バックパックに仕舞う時は、この手のグッズは外側の収納ポケットに入れることが多く、平らだとその収納スペースをうまく使用できます。

ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ

 

僕は「山と道」「MINI2」というバックパックを使用しているのですが、その外側のメッシュポケットにぶち込んでいつも運んでいます。これができるのは、個人的にはメリットです。

スーパーネイチャーストーブを使用した感想

3年使用しての感想ですが、一番大きい感想は「めっちゃ燃えやすい」ということ。これはボディのほとんどが耐熱メッシュになっているため。使うと分かるのですが四方から風が抜けるので面白いくらい燃えます。そして燃焼効率が良く、燃えカスもほとんど真っ白な灰となります。

ソラチタニウムギア

ソラチタニウムはこんなんでも燃えるのですごい

また、本当にシンプルな作りなので壊れにくく、上にも物が乗せやすいです。ペグがゴトクにできる仕様になっていますが、アルミペグは溶ける恐れがある。とのことでチタンペグの使用が推奨されています。

実は僕、ペグとトングを初めに購入したのですが、見事に速攻無くしてしまい、それ以来何もなしで使用していますが何とかなっています(笑)

それと、耐熱メッシュ部分の面積と安定感が高く、大きな枝や大量の枝を比較的「これは無理じゃん?」と思っても置けてしまったりします。

ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ
ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ

▲裏面です。安定感があります。

燃焼効率の良さで、湿っていたりしても問題なく、たき木を選ばない点と安定性、そして収納のしやすさからトータルのバランスで、今のところ焚き火台の中では使用頻度はNo1のアイテムとなっています。

スーパーネイチャーストーブと他の焚き火台を比較

ソラチタニウムギア のスーパーネイチャーストーブ

以前、下記の記事で友人たちが持ち寄った焚き火台について使い比べ?をしてみました。そのアイテムは「モノラル」「ピコグリル」そして「ソラチタニウムギア」の3点。もしよろしければ下記記事の「ソラチタニウムギア、モノラル、ピコグリルのたき火台について」という部分を読んでいただければ幸いです。

田貫湖で富士山を眺めながら忘年会キャンプに行ってみた#2

2018年2月15日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark