ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介

ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介

スポンサーリンク




ULTRA GEAR MARKET 5で初登場、そして「池尻ハイキングクラブ」と一緒に出店していただく「pon-sa walking gear」について、前回の記事に引き続き今回紹介をしていきたいと思います。

▼過去の記事はこちら

ULTRA GEAR MARKET (ウルトラギアマーケット)5 で「池尻ハイキングクラブ」の販売アイテムを紹介

ULTRA GEAR MARKET (ウルトラギアマーケット)5 で「池尻ハイキングクラブ」の販売アイテムを紹介

2020年2月1日

「pon-sa walking gear」について軽く紹介すると、OMMなどでも一緒に登山を行うバディとその奥さんが「ずっと手作りでアイテムを制作、登山でも使用」しておりまして、今回は数年、山や街で彼らとその周りの人たちだけに作っていたアイテムを一挙にリリースすることになりました。

「pon-sa walking gear」「歩くをより楽しく」をモットーに、街はもちろん、ハイキングや旅行を楽しくする‘walking gear’を作っているので、ハイキングをする人もそうでない人にもご利用頂けるアイテムがみられるのではないでしょうか?

以下に今回リリース予定のアイテムを紹介しますので、もしよろしければご覧ください!

注意
各商品の冒頭の文章は、pon-sa walking gearの公式コメントではなく、僕のコメントなのでご了承ください。

出品アイテムその1「KANGAROO tote DCF」

ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介 ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介

まず紹介するのが「KANGAROO tote DCF」です。バディが「これは….最高傑作や!」と早くも最高傑作と言い放った作品。 

でも確かに「ありそうでない」ギミックがあり、素材も素材なので長く使えることかと思います。以下、メーカー紹介文です。

—–

登山の楽しみのひとつに下山後の「温泉」があると思います。しかし、ひとしきり温泉を楽しんだ後の悩みが洗濯物でした。バックパックをいちいち開いてパッキングし直さず、帰りの電車でもバッグとして使えるアイテムが欲しい…そんな妄想からできたのが「KANGAROO tote DCF」というトートバッグです。

防水性が高く軽量な薄手のDyneema®︎ Composite Fabricsを使用し、外側からアクセスできる‘カンガルーポッケ’は、内側の荷物と区別できる様、二重構造になっています。濡れた荷物はカンガルーポッケに、濡らしたくないものは内側に。

日常で使う場合は折り畳み傘などを入れたりと、アイデア次第で色々な使い方ができます。また、持ち運びしやすい様にパッカブル・ロールアップできる仕様となっています。

—–

【仕様】
White
・表地:Dyneema Composite Fabric 0.51 oz
・ポケット:Dyneema Composite Fabric 1.0oz
・ジップ:YKKアクアガード White
・重量:約50g

Grey
・表地:Dyneema Composite Fabric 1.0 oz
・ポケット:Dyneema Composite Fabric 0.51oz
・ジップ:YKKアクアガード Grey
・重量:約50g

Camo(限定色)
・表地:Dyneema Composite Fabric 0.67 oz
・ポケット:Dyneema Composite Fabric 1.0oz
・ジップ:YKKアクアガード Black
・重量:約50g

出品アイテムその2「WEAR coogee」

ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介 ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介

これはまさに「散歩中」「フェスなどの音楽イベント」で飲み歩きするに超便利なアイテムかと思いました。実物を見せていただきましたが、サイズ感もよく、みた人は「これ何?」となりそうなアイテムです。

写真で使っているお酒が「おしゃれなクラフトビール」じゃないところが、僕らの精神性を表していて◎です。

—–

「WEAR coogee」は散歩の途中に飲み物を買っても両手が使える様に、斜め掛けができるクージーです。表地に反射するTyvek、裏地にアルミが貼り付けられている発泡ポリエチレンシートを使用し、保温・保冷効果を持たせています。

ストラップは取り外しができるので通常のクージーとしてもお使い頂き、サイズはSサイズ(350ml缶相当)、Lサイズ(500ml缶相当)の2サイズを用意しています。
※缶やペットボトルによっては入らないものもございます。

【仕様】
・表地:Silver Plated Tyvek Paper (Soft)
・裏地:Petアルミ蒸着フィルム、発砲ポリエチレン
・コード:タクティカルコード
・重量:Sサイズ約14g / Lサイズ約15g

—–

出品アイテムその3「ps.sacoche-01」

ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介

「ps.sacoche-01」で「01ってことは02もあるのか?」と思ってしまうのは僕だけなのでしょうけども、これはシンプルにサコッシュです。

「は?サコッシュ?レッドオーシャンじゃん!」と思った方、でも「ガチでマジで本当にずっと使いたい」サコッシュに出会ったことはありますか?僕はありません。

しかし、この商品のサンプルを使いまくった僕は「このサコッシュならば、最後のサコッシュにしてもいいかも…」と思わせてくれるほどの使い心地で、ほんとにおすすめです。

▼ここでも少し書いてます

購入レポ#19 | サコッシュを買いすぎたので「山と道」から「手作り」まで6つ紹介する

2018年8月6日

—–

Dyneema®︎ Composite Fabrics Hybrid 2.92ozを使用したサコッシュ「ps.sacoche-01」です。
登山を始めてMYOGを知り、色々な生地で様々な形のサコッシュを作ってきました。

友人たちの意見やテストを重ねた結果、必要な機能だけを残した「自分たちにとっての普通」のサコッシュに行きつきました。ハイクはもちろん、日常でも長く使ってもらえるように生地、構造ともしっかりとした仕様になっています。

【仕様】
・表地:Dyneema®︎ Composite Fabrics Hybrid 2.92oz
・裏ポケット:PU Coated TyveK
・コード:タクティカルコード
・重量:約60g

—–

出品アイテムその4「Tyvek paper bag」

ULTRA GEAR MARKET 5 で初登場「pon-sa walking gear」アイテム紹介

「Happy drunker」のためのアイテム。とありますが、要は何らかの依存を抱えた人たちが、再現VTR内でよく使用している「あの紙袋を丈夫にしたもの」です。

でもこんなアイテムあるのかといえば、似たような物はあっても、この「袋」の再現度は非常に高いと思い、その辺ほかの商品と違うかなと思いました。

「電車の中で厚手のハンカチ(あのタオルっぽいやつ)で隠すんだったらこっちを使用した方が1万倍かっこいい」と僕は思います。とどめに「謎のPマーク」が入っており、それが変な公共広告機構感を高めていて最高です。

—–

下山した後、はたまた仕事帰りの帰宅路。お酒が飲みたくなりませんか。
そんな時にに思い出すのがアメリカの映画などで見る、紙袋にお酒を入れて飲むカッコいいKidsやおじさんたち。 コンビニのビニール袋じゃ味気ない。ただの紙袋じゃ使い捨て。

まるでクラフト紙の様なプリントがされたHard Tyvekを使った‘Happy drunker’のためのアイテム。それが「Tyvek paper bag」です。

【仕様】
・生地:Brown printed Tyvek paper (Hard)
・約4g

「pon-sa walking gear」と「池尻ハイキングクラブ」の共作

以上で「pon-sa walking gear」の紹介は以上になりますが、「池尻ハイキングクラブ」との共作アイテムもリリース予定ですので、ぜひお楽しみにしてください!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark