iPhone ケースで登山とビジネスで使えるものを探してみた

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

スポンサーリンク




iPhone ケース について今回一年ぶりくらいに買い換えたので、記事にしてみました。iPhoneケースってそこそこ長く使うし、わりと頻繁に触って目にするものなので、選ぶときは慎重になってしまう方です。

今回、「調べて迷いまくった結果、思いの外、マジで思いの外いい感じのが手に入った」ので脊髄反射的に記事を書いてみました。以下は僕が「iPhoneケースを買う上での重要視するポイント」および「買ってみた感想」を一気に書いてみたものなので、あまり外に行けない昨今ですが、暇つぶしにでも読んでいただけましたら幸いです。

▼小物系の記事でこちらも読まれています

OLIGHT(オーライト)

購入レポ#27 | 一粒130ルーメン!? OLIGHT(オーライト)の 1R EOS キーライトのコスパが良すぎる

2018年11月24日
注意

以下は僕の独自の商品のセレクトであり、あまりイケてないかもしれませんが、生温い目でみてください。また、スペックや商品の詳細はオフィシャルサイト(?)ってかアマゾンなどをご確認いただけましたらと思います。

iPhone ケース 選びで僕が重要視すること

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

まず、簡単ではありますが「僕がiPhoneケースを選ぶ時に重視する点」を以下にまとめてみました。超一言でいうと「丈夫で目立たなくて滑らないこと」を重視しています。

これに加えて「おしゃれだったら最高」みたいなこともあるのですが、そんな都合のいい話もあるわけがないのですが、今回はいい線をいった商品を入手できたような気がします。

では、僕がiPhoneケース選びで終始する点を以下にダラダラ書いてみたいと思います。

グリップ力

山に行ったときは「手袋をしたままiPhoneを触る」ことなども多くて、グリップ力は重要視しているポイントです。

また、僕は「なんだかしらないけど山に行くと手が乾燥してしまう」というのがありまして、「風景を撮影するために携帯をサコッシュから取り出したら、スッポーンと携帯をぶっ飛ばしてしまう可能性があります。」そんな怖さもありますので、グリップが効く素材のものが好ましいと考えています。

耐衝撃性

まぁ僕は携帯をよく落とすので、「耐衝撃性」については欠かせないポイントです。「グリップ力と耐衝撃性があれば他は何もいらない」って感じで、耐衝撃性も非常に重要視している点です。ですので、ミルスペックが最高なのですが..デザインとの間で悩んでしまったりします。

オフィスでも浮かない

そして、意外と思われるかもしれませんが「オフィスで浮かない」という点。お客様先に行くこともあり、そこでミーティングをわりと多く行ったりすることが多い僕なのですが、その際にPCと携帯をテーブルの上に出すことが頻繁にあります。

その時に「あんまり派手な、自己主張の強いiPhoneケースをつけていると、ちょっと空気が微妙になる」ということもありまして、「なるべく目立たない」という点も重要になってきます。

「登山の時と普段でiPhoneケースを変えればええやん」ということもあるかもしれませんが、それはそれで面倒。ということで「街でも山でも使える」という点も重要かな。と思います。

今まで使っていたのは iFace

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

右がiface

ここ数年使っていたのは「iFace」のもの。こちらは「握りやすさ、グリップの良さ」に惹かれて、iPhoneを買い替えても、ずっと愛用していました。対衝撃性もあって「落として壊した」という事は今までありませんでした。

候補に上がった「CASETiFY(ケースティファイ)」

候補に上がっていたのが「ケースティファイ」のiPhoneケースです。こちらは衝撃にも強く、おしゃれ、そしてグリップも良さそう。って感じで、少し高いんですけど「まぁずっと使うしな」と思い、心が購入にグラついてました。

しかもモデルによっては「好きな文字を入れられる」というオプションもあって、買い物カゴに入れては削除を繰り返していました。

モデルによってはわりとハデかもしれない…というのも迷ってしまったポイントの一つではありました。

SpigenというメーカーのiPhone XS 用のケースを買ってみた

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた
iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

ビニールに包まれているだけ

そんな感じでiPhone ケース選びに迷っていた僕。「そうだ!原点に帰ってAmazon で怪しい中華系をあさろう」と思い改めてAmazon でケースを探してみたのでした。

そしてガチャガチャ探しまくり、見つけたのがこちらの製品「SpigenというメーカーのiPhone XS ケース」でした。購入後一営業日程度で到着。さっそく開封しました!

最初の感想

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

思ったより、かなり作りの精度が高いのでは?という感想を持ちました。「安っぽさ」はあまりなく、外箱もしっかりしています。

グリップ力

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

ケース自体は「プラっぽい感じ」ですが背面は「しっとりとしたゴム」な感じです。実際には素材は以下の物が使われているようです。

素材については、高温になっても変形しづらい、特殊ソフトTPU素材を使用したソフトケースが本体の発熱で変形しづらいみたいな感じになっているようです。

また背面に細かな凹凸が設けられており、これが個人的に◎なポイントでした。滑りづらく使いやすいと感じました。

意外と高級感があり、ビジネスで浮かない

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

これは先にも書きましたが、「安っぽさ」がなく意外と高級感がある気がしました。これは作りの精度の高さ、マットな素材感が全体的に引きしまったデザインになっているのかと思いました。

また、こういったデザインなので、ビジネスでも全然浮かない感じになるので、この辺、街でもすごく使いやすいなぁと思いました。

アメリカ国防総省の試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6」をクリアした丈夫さ

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた
iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

ガッチリしっかりと入ります

そして「丈夫さが良い」ということで一応「アメリカ国防総省の試験法規格MIL-STD-810G, Method 516.6」をクリアした丈夫さ、ということで、第三者機関で試験されたものとなっているようで、おそらく(?)信頼できそうなものとなっているようです。

作りも細かく、気に入った点が2つ。「ケースの四隅に設けられたエアクッション」「画面側の端っこがちょっと立っているので、ガラスをギリギリ守ってくれる」という点が、すごく良いな。と思っています。

価格と軽さ、扱いやすさ

また、上げておきたい点としては「価格と軽さ」で値段もこの記事を書いている4/8(水)時点では1,440円とすごく安く、そして重さも31.8gでiFaceを使用していた僕としては、めちゃめちゃ軽い。と感じました。

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

こちらはiface

iPhone ケース で登山とビジネスで使えるものを探してみた

サイズ感も、ミニマムな形なのでポケットにも入れやすくすごい扱いやすいなぁと感じていて、購入して2日目ですが、「もう手放せない!」と思ってしまっています。

SpigenというメーカーのiPhone ケースは買いか?

久々に「買って地味にテンションが上がった」という商品がこちらでした。あくまでも(ガチであくまでも)ですが、「丈夫で目立たないiPhoneケース」を探している人がいましたら、かなりオススメしたい商品となりました!ぜひぜひオススメです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark