ニュース | 「 ZEROGRAM ( ゼログラム ) 」の世界観を感じられる「ZEROGRAM Showroom」がオープン

ゼログラム

スポンサーリンク




本ブログでも何度か新商品の販売などについて取り上げさせていただいているアウトドアメーカー「ZEROGRAM(ゼログラム)」が、その世界観を感じることができるショールームをオープンするニュースが入りました。

 

View this post on Instagram

 

El Chaltenテントモニター/OMMレポ⑤ Straight B 、身長180&170cmの男性チーム、1.5pです。OMM、特にStraightでは(居住性が高い分、研ぎ澄まされた軽量さはない)El Chalten をどう捉えたかのレポになっています。ありがとうございました!! – #Repost @rikio_t with ・・・ OMM JAPAN 2018 OKUMIKAWA 今回 #zerogram の エルチャルテン1.5p #elchalten15p のモニターをさせてもらいました。 ざっくり言うと、走りを犠牲にしないミニマムな重量ながら最大限の快適性を備えたOMMに最適なテントでした! . 魅力に感じた点を挙げていくと . ①設営撤収が簡単 1日目は夜暗くなってからフィニッシュしましたが暗くても簡単にサッと設営できました。翌朝のスタート時間ギリギリになってものんびりしてた僕たちですが一瞬で撤収出来てスタートに間に合いました!助かった! . ②両側に出入口がある 最大のメリットだと思います。夜中にトイレに起きましたけどバディを起こすことなくテントから出ることができました。それぞれに前室があるので靴など夜露に濡らすことなくすみました。バディと喧嘩してもそれぞれの前室でご飯食べれるしね . ③インナーが結露しない モノフィラメントのインナーメッシュが湿気は外に逃がしフライから滴る水滴が室内に滴ることはありませんでした。この時期の結露はシングルウォールなら当然ですが僕が使っているダブルウォールの他社テントでも結露します。それ考えるとこの結露のないインナーは驚くほど快適でした! . ④程よい広さ 今回1.5Pで基本1人用ですが、身長180cmと170cmの2人の男が寝ても、男同士密着してさぞむさ苦しいことかと思いきや、寝返りが打てるほどの程よい広さでとても快適。ミニマムながら絶妙な広さ加減でした。 . パッキングウェイト1.5kgとダブルウォールではかなり軽量の部類になると思いますが、1kgをきるモノポールのシングルウォールとかに比べるとOMMでは弱点になるのかなとも思えますが、レースのほとんどの時間をテン場で過ごすことを考えると重量だけではなくて快適さも重要な要素だと思いました。それにバディとテントとポールをシェアすればそれぞれ1kg以下なので充分走れる重量でした。 . 今回一緒に参加した仲間4組もエルチャルテンでした!いや〜いいテントでした! #omm #ommjapan #ommjapan2018 #ommjapan2018okumikawa #zerogram #zerogramjapan #elchalten15p #elchalten #オリーブ色カッコいい #テント #テント泊 #チョクマガ #チョクマガビレッジ #直立真顔クラブ #チョクマガビレッジにモニター2組

ゼログラムジャパン公式さん(@zerogramjapan)がシェアした投稿 –

OMMなどでもこの 「ZEROGRAM(ゼログラム)」のテントを使用している方を何名か見かけました。最近よく見るようになってきたという印象のメーカーですが、ショールームのオープンということで、その世界観をより近く感じやすくなりそうです。

▼過去に取り上げさせていただいた 「ZEROGRAM(ゼログラム)」のニュースはこちら

ZEROGRAM(ゼログラム)_El Chalten 2p

ニュース | 「ZEROGRAM(ゼログラム)」より軽量テント「El Chalten 2p」のニューバージョンが3色展開でリリース

2018年8月7日
ZEROGRAM(ゼログラム) 」_シュラフ「 Tuolumne SUL Sleeping Bag

ニュース | 「 ZEROGRAM(ゼログラム) 」より超軽量シュラフ「 Tuolumne SUL Sleeping Bag 」販売中

2018年8月17日

■2018年12月14日(金)「ZEROGRAM Showroom」が東京都港区三田にオープン

新たにオープンを予定するこの「ZEROGRAM Showroom」(東京都港区三田2-7-12 徳文堂ビル4F)ですが、さまざまな特徴があるようです。その内容は以下のとおりです。

ゼログラム

※以下はプレスリリースの情報が中心ですので、あくまで11/19(月)の情報としてご確認ください。

■「ZEROGRAM Showroom」詳細

●1.月に1回、限定オープン・イベントが開催

月に1度(3日間)、「新商品の先行予約販売」「ワークショップ」などを限定オープンでイベントを同時に行う形で開催。開催日やイベントの内容などは「ZEROGRAM(ゼログラム)」のホームページやSNSで告知される。

2.営業の一部を「完全予約制」とした「ZEROGRAMコンシェルジュ」

1名(1グループ)でその「ZEROGRAM(ゼログラム)」の世界観を体験できるようにと営業時間の一部が完全予約制となる模様。

限定となるその時間は、「ZEROGRAMの専任スタッフが製品を案内し、テントやタープの設営や撤収方法」を体験できたり、「自身のアイテムと比較をショールーム内で行うことが可能」とのことで、より充実して「ZEROGRAM(ゼログラム)」の製品について知れるようになった空間が設けられています。

3.ショールームにアフターサポート窓口の設置

事前に予約が必要とのことですが、「ZEROGRAM Showroom」にはサポート窓口も設置されるとのことで、アフターサポートを中心とした相談窓口となるようです。

4.限定商品の販売

「ZEROGRAM Showroom」ではここだけでしか買うことができない限定商品の販売も行うようです。

■12月の「ZEROGRAM Showroom」について

12月の「ZEROGRAM Showroom」は発売したばかりのULソロタープ、12月発売予定の冬季用ギア、1人用ULダブルウオールテント「El Chalten1.5」を中心に展示予定であるとのこと。またイベントとして、ロッククライミングのドキュメンタリー映画「The Dawn Wall」を上映予定。

12月スケジュール詳細

12月14日(金)
17:00~20:00 「ZEROGRAM コンシェルジュ」(ご予約制)

12月15日(土)
12:00~16:30  フリーオープン
17:00     映画受付開始
17:30~    「The Dawn Wall」上映 Showroomは上映後21時までオープンしています。

12月16日(日)
12:00~14:00 「ZEROGRAM コンシェルジュ」(ご予約制)
14:00~17:00 フリーオープン

予約は「ZEROGRAM(ゼログラム)」のサイトより可能。詳細はホームページなどオフィシャルの情報を確認していただいてから向かっていただければと思います。

「ZEROGRAM(ゼログラム)」に関してあまり見たことがない、けど気になっている。というような方はぜひこの機会に足をのばしてみてはいかがでしょうか?

▼過去に取り上げさせていただいた 「ZEROGRAM(ゼログラム)」のニュースはこちら

zerogram(ゼログラム)

ニュース |「ZEROGRAM(ゼログラム)」より軽量テント「 El Chalten1.5 」2018モデルが発売

2018年5月20日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark