Garmin Instinct がアウトドアスマートウォッチで最強だと思う10の理由

Garmin Instinct

スポンサーリンク




Garmin Instinct という時計、と言うかスマートウォッチを購入しまして、今回はこの時計が「最強だと思う(超個人的)理由」をつらつらと書いていく、そんな記事をお送りしたいと思います。

このブログを少しでも読んでいらっしゃる方々の中には「おまえスントのコアが最強!とか言ってたじゃねえかよ?」という方がいらっしゃるかもしれません。

▼スントコアについて書いた記事はこちら

SUUNTO CORE (スントコア) Regular Black

コラム | 「SUUNTO CORE (スントコア) Regular Black 」を3年使って分かったこと

2019年2月26日
SUUNTO ( スント )コア

SUUNTO ( スント )コアの1000円台ベルトをAmazonで購入|購入レポ#35

2019年6月29日

そうです。少し前までは「スントコア買っておけばいいっしょ。安いし」そう思っていました。

しかし、スントコアの度重なる故障により「別な時計もないかしら?」と漁っていたら見つかったこちらの時計。

調べれば調べるほど欲しくなり、まんまと購入してしまい、三カ月ほど使用してみて現在ではレギュラーの時計になってしまい、結果はかなり今年の(個人的)ヒット商品になったのでした。そんな商品を超主観で紹介していきたいと思います。

注意
今回の記事は完全に主観での感想になります。細かなスペックや比較などは他サイトの記事を参照していただけましたらと思います。主観的な「使い心地」を気にしている方への参考となる記事になりましたら幸いです

Garmin Instinct は買いなの?そして良い時計なの?

Garmin Instinct

Garmin Instinct は良いのか?という答えに関しては力強く「YES」と答えたいです。

その理由は、「めっちゃ軽くて丈夫で電池が持つスマートウォッチでしかも安いから」という一言(?)です。

とりあえずスペックやら価格やらをいきなり並べるのではなく、個人的に「良い!」と思った点を挙げていきたいと思います。

耐久性

Garmin Instinct

まずは耐久性があるということ。アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」準拠で作られており耐久性、衝撃耐久性、腐食耐久性は結構あるようです。防水も10ATMあるのでスントコアの時よりはわりと気にしないで使えるようになりました。「MIL-STD-810G」について調べてみましたが、情報が割と多く、扱っているものは違いますが(https://www.sbbit.jp/article/cont1/26364)この辺がわかりいいかもしれません…

軽い

Garmin Instinct Garmin Instinct

これは僕の体感だけの話かもしれないのですが、重さが52gで「軽い」です。めっちゃ楽です。過去に時計をつけていた中で1番軽いかもしれません。「腕時計が軽い」事のメリットって個人的には「肩が凝りづらい」という事。めっちゃ楽になりました。ちなみにスントコアは63gです。

電池が持つ

Garmin Instinct

充電ケーブル

この時計とにかく「充電が持つ」気がします。「気がする」というのも今回は、はじめてのスマートウォッチのため、他との比較のしようがないためです。

ですので、あくまで感想ですが、一回の充電で普通に10日以上という長期間電池が持っており、充電とか面倒な僕にとっては、かなりグッドポイントでした。しかも充電も結構早く終わるのでストレス感じませんでした。朝起きて出社するまでの30分前に充電が完了している感じです。

説明書をみなくてもわりと操作しやすい。

これは個人差があるかとら思いますが、「思ったより操作がしやすい」という点が良かったです。

スント(SUUNTO) の時よりは日本語の表記が多く、これだけでもパッと内容が理解しやすく、また階層もこまごましていないので把握しやすいかと思いました。ちなみに説明書はこちら(https://download.garmin.com/jp/download/manuals/Instinct_OM_JA.pdf)

白黒の最低限の表記

Amazonのレビューとか見ると「白黒の画面でカクカクしていて分かりづらい」というような事が書かれていましたが、「これはこれでいいのかな?」と感じました。

登山に行く際に考えたら、正直、白黒の方がわかりやすいと感じていますし、それによって長く電池が持つことも実現してんのかな?(これは仮説)とも思いますんでこのあたりは好感がもてました。

アプリの分かりやすさ

Garmin Instinct

逆に、と言ってはなんですがGarmin Instinct と接続するアプリ側については、かなりしっかりとした作りとなっていまして、「歩数」「心拍数」「昇降数」「週間運動量」「ストレス」「睡眠」「カロリー」などなど、通常の生活で取りたいログがだいたい取れるかと思いました。

もちろん各種アクティビ ティーにも連動していますのでそれらのログも取れました。僕はランニングでメインの使用をしていますが、もう手放せないものとなりました。

くせになるベルト

Garmin Instinct

アウトドアギアの購入前は悶々と悩むタイプの僕なのですが、今回ももれなく悩みまくって、試着をしまくりました。

その時気になったのが「ベルト」です。結構グニャっとしていた質感で初めは「こんなんちゃんと使えんのか?」と思っていました。

しかし装着してみたら意外にもこれがしっくりと来まして、気に入ってしまいました。

おそらくなのですが、心拍数を図るため、しっかりと締める必要があり、このようなベルトなったのかなぁ、と推測しました。

GPSの精度と分かりやすさ

航空写真などでもみられます。

おそらく日本で最大級であろうアウトドアショップの関係者さんと飲んだ際にGarmin Instinctについて聞いて出たのが「あ〜ガーミンさんはGPS屋だかんね〜」という一言でした。

その一言は実際、どうなんだ?と思い、いろいろと使ってみてましたが大げさでもなく、正確な位置表示がされているかと思いました。ランニングはNIKE+のアプリを利用していたりするのですが、Garmin Instinctもとても便利です。

現在、NIKE +と併用していますがほぼ誤差がない(こちらの方が正確かも)と感じています。

通知機能

「スマートウォッチならば通知が来るの当たり前だろ。いちいち感動して取り上げんな。」と言われそうですが、普通の時計をずっと使用していた僕としてはかなり便利な機能でありました。

というのが通知機能があると「登山中にいちいちスマートフォンをサコッシュとかから取り出さなくても良い」という事があり、かなりフリーな感じです。

個人的には土日祝日電波があれば仕事のslackなど即返す派なので、通知機能によって「返事をする必要があるか?」がすぐに確認ができて、とても便利だと思っています。

価格

そして最後に言えるのが「価格も結構頑張っているのでは?」という事。amazon価格で3.2万(19年12/13時点)ですので「普通の登山用時計を買う」という事で考えると比較的安価なのではないかなぁ?と思いました。

4/12(日)追記 ミュージックコントロールがいい感じ

Garmin Instinct がアウトドアスマートウォッチで最強だと思う10の理由

「10の理由」と書きながら、使い続けるうちに「これもいいなぁ」と思った機能を書いて見たいと思います。これで10の理由から11の理由となってしまうのですが、今回紹介するのは「ミュージックコントロール」です。

頼りない白黒の画面なのですが、そこそこ直感的に使いやすく「ランニング中などで、音楽を聞いている時に簡単に曲を変えられる」と言うのが癖になってしまいます。

僕はiphone、無線イヤホンで組み合わせて使っているのですが、ランニングしながらでも曲を変えられる、ボリュームを変更できると言うのが便利なのでした。

Garmin Instinct は登山の時計の選択肢になり得る

Garmin Instinct

プロトレック、スント、そしてガーミンなどなど、さまざまな登山の時計がありますが、今回紹介した「Garmin Instinct」について、今回装着してみて、個人的にはかなり登山で使用する時計の中でも上位の選択肢になる、かと思いました。

「登山において装着する時計」さまざまな時計があるかとおもいますが、「Garmin Instinct 」をの選ぶ選択肢の一つに選んでいただく助けになれば幸いです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark