ZEROGRAM (ゼログラム)から軽量ワンポールテント「INYO TIPI テント」が販売

ZEROGRAM より新たに販売の「INYO TIPI テント」

スポンサーリンク




ZEROGRAM (ゼログラム)から同ブランドでは新しい展開と思われる軽量ワンポールテント「INYO TIPI テント」が販売されるようです。少し前のニュースなのですが、アイテムとして面白かったのでお送りさせていただきます。

▼以前書かせていただいた「ZEROGRAM(ゼログラム)」についてのニュースはこちら

ゼログラム

ニュース | 「 ZEROGRAM ( ゼログラム ) 」の世界観を感じられる「ZEROGRAM Showroom」がオープン

2018年11月19日

注意
下記は4/30(火)に調べた時点での情報です。ご購入の際は各ブランドの公式サイトなどご確認の上ご購入ください。

ZEROGRAM より新たに販売の「INYO TIPI テント」は5月下旬に販売

「INYO TIPI(インヨ ティピ) テント」は今までの同ブランドで出ていたモデルとは異なる、円錐型の軽量ワンポールテントです。重さはシェルターモード(インナー含まず)で750g(インナーテント含むで1.24kg)で2-4名まで対応可能であるとのこと。

ZEROGRAM より新たに販売の「INYO TIPI テント」 ZEROGRAM より新たに販売の「INYO TIPI テント」

モデルの特徴はインナーテントをフロアサイズが全体の半分であるという点で広めの前室エリアを作ることができるようです。フロアサイズは250×250cm、高さ165cm、インナーテントには2名が横になれる広さとのこと。

価格は税別でOLIVEで54,000円、限定のBLACKで58,000円となるようで、オプション 専用フットプリント5,700円が別売りとなっているようです。

スペックは以下の通り

・重量(最小)
シェルターモード 750g(ティピ) 、 テントモード 1.24kg(ティピ+インナーテント)

・サイズ
フロア: ティピ: 250cm x 250cm 、インナーテント: 220cm x 110cm、
高さ:  ティピ: 165cm 、インナーテント: 100cm

・素材
Canopy fabric:20D Nylon Sil / PU coating、 Floor fabric: 20D Nylon、 Inner Tent: 20D Mono Filame

・カラー
OLIVE / BLACK(限定)

・使用人数
シェルターモード 4 、テントモード 2

・セット内容
ティピ本体、インナーテント、ペグ、設営ガイドロープ、トレッキングポールコネクタ
(専用フットプリント別売)

・その他
ベンチレーション2、 ティピ&インナーとも出入口2、 インナーテント内にポケット1

ZEROGRAMからこのようなワンポールテント、価格も他メーカーと比較しても、なかなかお手頃な値段なのではないかなぁと感じました。みなさんも選択肢の一つとしてZEROGRAMを検討にいれても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark