タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

スポンサーリンク




タイパンツ …と言うか「漁民パンツ」と言う名前の不思議なパンツを無印良品で発見しました。はじめは無印良品へ乾燥野菜を買いに行っていたのですが、ふとみたら飾られていたこのパンツ。最初は「ディスプレイ用なのかな?」と思っていたのですが、普通に売ってて税込み4990円。

試着したらひさびさに「良い」と思う感じの商品で衝動買いをしてしまいました。着心地は「今までにない感覚」のパンツで、「山に行く前にリラックスできそう」と思いまして購入。今回はこの不思議なパンツについてお送りしたいとおもいます。

タイパンツ のような「漁民パンツ」

タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

タイパンツだったら履いたことがあるのですが、「漁民パンツ」は履いたことがなく、手に取ってそのネーミングにも興味を受けて試着。履き心地もよく、そしてシルエットも結構いいので購入にいたりました。

これ以外にも無印良品では甚平のようなアイテムなど、和風なアイテムが結構そろっていまして、気になるものが多かったのですが、上位ラインの「MUJI labo」ではなく、通常ラインで取り扱っていたようでした。なんか「草履にシューズのソール」みたいなのを貼っているものがあったり…「もうちょっと掘ってみよう」とか思ってしまいました。それはそれで別で、またご紹介をしていければと思います。

山に行く時に楽なパンツ

タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

このパンツを見たときに、「山に行く前にはいたらリラックス出来ていいなぁ」と思いました。 僕の場合ですが、登山中はタイツを履くこともあったり、汗もかきまくったり、締め付けられたりぬれたりする事が多いので、登山前後は楽な感じでいたいと思っています。そんな「登山前後のリラックスのため」に「楽なパンツ」としてこの「漁民パンツ」を運用するのがいい感じかな?と思いました。

漁民パンツのスペック

タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。 タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

漁民スペックは以下の通りで、サラッとしながらもコシがある素材感で結構涼しい感じです。普通のタイパンツなどだとコットンの物が中心かと思いますが無印ならではの素材感なのかなぁと思いました。履き方もいたってシンプルで付いているヒモをおなかの部分で結ぶだけです。

スペック

サイズ:ウエスト:140.0cm ヒップ:150.0cm 前股上40.0cm 股下60.0cm ワタリ 40.5cm 裾(足)口巾 37.5cm

仕様・混率 ポリエステル65%,綿35%

実際にはいてみて

ここからは「実際に履いてみて感じた事」を主観的にはなりますがお送りしていきたいと思います。いいところもあれば「これはちょっと…」という点もありまして、そのあたりについて書いて行きたいと思います。

漁民パンツのいい所

とにかく締め付けが無いのでとてもリラックスできました。また「うす過ぎず厚すぎない」ので結構楽です。また、短パンと比べると日にさらされないので、何というか、短パン履いていた時より「足へのダメージが少ない」「なんか疲れにくい」みたいな感じがしました。

なので登山前に「リラックスする用のパンツ」としてだけでは無く、「旅をする時に履くパンツ」としてもいいかもしれないと思いました。

漁民パンツの悪いというか注意する所

タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

ポケットが一個しかないんだよね..

これは2点あります。一つは「ポケットが一個な事」「トイレでわりと汚れやすいかも」という事です。

まず「ポケットが一個しかない」という点ですが、右のお尻部分にしかありません。財布、スマートフォン、ハンカチ(手ぬぐい)位を持とうとすると全然容量が足りないために、サコッシュ利用は必要かと思います。

そしてもう一点が「汚れやすい事・危険性がある」という事です。単純に太いパンツなので、男性はトイレに行った時に「跳ね返り」の被害に合ってしまう確率が高くなるのでは?と考えています。さらにおトイレで「大」をしようとしたときに、ヒモをゆるめるとストンと落ちてしまうので床が「ダーティー」な場合は超危険です。

これを防ぐには、「逆に全部脱いでしまう」という技でトイレの「ダーティー」な部分を回避するのが良いのではと思いました。実際に山からの帰りのPAやSAのダーティーな場所をこの技で回避することができました。

単純に見た目も良いかも。ワイズかよ

タイパンツというか無印良品の「漁民パンツ」を購入してみた。

そして良いなと思う最大の点が「デザイン性」です。こちらその昔に出ていた(今はどうかは分かりませんが…)Y’s で出ていた袴パンツを連想してしまい、それだけで「これは….買いだ….」と思いました。ここはどうでもいい話なんですが、昔、憧れて買えなかったあのパンツがこの値段で買えるのは結構いいな。とも思いました。

短パンより涼しく履けるかも

最後にこの「漁民パンツ」ですが、短パンより涼しくはけるかもしれません。長ズボンだとしても、空間に余裕がありつつ、日差しからも逃げられるのでこれは「夏の新しい過ごし方」が出来るかもしれないな。と思いました。

皆さんも「夏の休日」や「登山の前」などで履いてみて、リラックスしながら登山や休日の時間を過ごしみてはいかがでしょうか?

▼こちらの記事も読まれています!

TORAYA EQUIPMENT / 旅道具トラヤ/365 STRETCH

TORAYA EQUIPMENT / 旅道具トラヤの「365 STRETCH」を1年以上はいて | 購入レポ#30

2019年1月24日

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark