ニュース | あの名作がこれで最後「moonlight gear( ムーンライトギア )」より「KLYMIT Insulated Static V (U.L 120 edition)」が9月19日(水)最終販売

KLYMIT Insulated Static V (U.L 120 edition)

スポンサーリンク




「-10度でも安眠を約束する」という「超軽量ダウンが入ったスリーピングマット」として「moonlight gear( ムーンライトギア )」よりKLYMITへ別注をかけていた、名作かつ定番の商品がついに今回の150個の生産をもって最終販売となるようです。

公式ホームページ、ブログの情報を元に、ニュースとしてお送りしたいと思います。

2018年9月19日(水)19:00より「KLYMIT Insulated Static V (U.L 120 edition)」が150個限定で販売

こまかなスペックや製品の特徴については「moonlight gear(ムーンライトギア)」の公式ホームページをご覧いただきたいと思いますが、僕も一番初めに生産されたロットを使用しており、その使い心地はかなり良いと思いました。

KLYMIT Insulated Static V (U.L 120 edition)

撮影用に少し広げた状態(実際はもっとパンパンになります)

「ショートサイズなのに幅広なので、小ささを感じさせない」この商品は想像以上にゆったりと使用できると思います。

そして、プリマロフトが入ったこのマット「-10度でも対応」とありますが、そこまでではない、-3〜4度程度で使用しても、蒸れたり「暑過ぎ」ということはありませんでした。

KLYMIT Insulated Static V (U.L 120 edition)

旧型なので重さは399gです

また、想像しているより丈夫で、軽い突き上げなどで、穴が開くなどの問題はありませんでした。(以上あくまでも個人的な感想です。)

スペック「moonlight gear(ムーンライトギア)」より

サイズ  120 cm x 59 cm x 6.5 cm
パックサイズ: 9 cm x 22.8 cm
重量 366g(スタッフサック11g)
中綿 プリマロフト
生地 20D ポリエステル
R-値 *4.4 (自社基準)
付属品 スタッフサック、修理キット

この商品、もっていて損はない商品だと、個人的に感じています。

「moonlight gear」のブログをみたところ、「Klymitがウルトラライトの初期衝動のブランドから成熟し、さらに広いターゲットに向けた製品開発に進んでいく」という理由から、今回での販売が最終となるそうです。

ぜひこの、最後のタイミングを逃さずに、名作のマットを手にいれて今年の登山や、OMMなどに使用して見てはいかがでしょうか?

▼枕についても記事を書きました。是非こちらもどうぞ

NEMO FILLO ELITE / ニーモ フィッロエリート

NEMO FILLO ELITE ニーモフィッロエリートシェールで山枕難民を卒業? | 購入レポ#9|

2018年3月19日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark