ニュース|「 HOKA ONE ONE (ホカオネオネ)」のトレイルランモデルが7月中旬から発売開始

HOKA ONE ONE

スポンサーリンク




最近、「ホカオネオネのトレランモデルお店で見ないな〜」「日本から撤退すんの?」とか一人で不安になっていたのですが、全然そんな心配しなくても良いニュースが入りました。

ホカオネオネから「SPEEDGOAT」も含めてトレイルランモデルのカテゴリーの商品が7月中旬より販売開始されるそうです。

今回は各モデルの情報を中心にお送りしたいと思います。

ホカオネオネ_リカバリーサンダル

購入レポ#13|HOKAONEONE|ホカオネオネ|リカバリーサンダルを購入

2018年5月3日
ommlite_2018

暑さで倒れそう| OMM LITE2018 に出場してきました(レース編)

2018年7月16日

■ HOKA ONE ONE 新モデル 「TORRENT (トレント)」はトレイルカテゴリーで最軽量

ホカオネオネのトレイルアスリートとのコラボレーションで誕生したという「TORRENT (トレント)」。この商品は一見すると両立しなそうな「クッション性」「敏捷性」を兼ね備えることができたモデルとのこと。

HOKA ONE ONE

ブランドのプレスリリースによると「PROFLYTMミッドソール」によってソフトな着地感と前脚部分へ反発性が備えられたそう。また気になるのが足裏のソール部分ですが溝が多方向に刻まれ、グリップ力も高そうです。

ホカオネオネファンとしては、一番きになる商品で是非とも入手したいと考えています。

TORRENT (トレント)の詳細

価格: ¥16,000+税(税込 ¥17,280)

Men’s (25.0cm–30.0cm ・ 2色 ・ 254g/27cm)
ソールスペック: オフセット5mm/ヒール23mm/フォアフット18mm
Col:Sharp Green/Chinois Green, Cyan Blue/Citrus

Women’s (22.0cm–26.0cm ・ 1色 ・ 211g/24cm)
ソールスペック: オフセット5mm/ヒール21mm/フォアフット16mm
Col:Nine Iron/Steel Gray

HOKA ONE ONE

Sharp Green,Chinois Green

HOKA ONE ONE

Cyan Blue,Citrus

HOKA ONE ONE

Nine Iron,Steel Gray

■トップアスリートのレースを想定したモデル「EVO MAFATE (EVO マファテ)」

ミッドソールに「R-BOUNDTM」を採用して、反応性、グリップ性、耐久性を高めており、「MATRYX(R)ファブリック」を使用したアッパーはホールド性とサポート性が発揮されているとのこと。

HOKA ONE ONE

Cyan,Citrus

アウトソールは5mmの高さである「Vibram(R)MegaGrip」を装備。起伏が激しい路面でもグリップ性を発揮できるようになっているようです。

EVO MAFATE (EVO マファテ)の詳細

価格: ¥22,000+税(税込 ¥23,760)
展開: Men’s(25.0cm – 30.0cm ・ 1色 ・ 270g/27cm)
ソールスペック:オフセット4mm/ヒール33mm/フォアフット29mm
Col:Cyan/Citrus

 

■「SPEEDGOAT」が進化し、防水仕様のミッドカットに「SPEEDGOAT MID WP (スピードゴート ミッド ウォータプルーフ) 」

今回の「SPEEDGOAT MID WP (スピードゴート ミッド ウォータプルーフ) 」はトレイルランナーの「カール・メッツァー」にインスパイアーされた一足とのこと。

僕も好きですが「スピードゴート2」のコンセプトを受け継いだ形のミッドカットモデルとなるそうです。

HOKA ONE ONE

Black,Steel Gray

HOKA ONE ONE

Grape Royale,Alloy

アッパーは防水性に優れている「SKYSHELLTM」を採用。アウトソールは多くのラグを備えた「Vibram(R)」でグリップ性が高く仕上がっているようです。

SPEEDGOAT MID WP (スピードゴート ミッド ウォータプルーフ)

価格: ¥24,000+税(税込 ¥25,920)
展開: Men’s (25.0cm–30.0cm ・ 1色 ・ 358g/27cm)
ソールスペック: オフセット4mm/ヒール32mm/フォアフット28mm
Col:Black/Steel Gray

Women’s (22.0cm–26.0cm ・ 1色 ・ 297g/24cm)
ソールスペック: オフセット4mm/ヒール30mm/フォアフット26mm
Col:Grape Royale/Alloy

 

このほかにも「STINSON ATR 4(スティンソン ATR 4)」「CHALLENGER ATR 4(チャレンジャー ATR 4)」や定番の「SPEEDGOAT 2(スピードゴート 2)」もリリースされるようです。

HOKA ONE ONE HOKA ONE ONE HOKA ONE ONE

 

この夏はホカオネオネのトレイルカテゴリーの新シューズを入手して、登山を楽しむのも良いかもしれませんね。

 

OMM_2016

OMM LITE2018 |今年はどう臨む?登山・トレラン素人の僕が出場して分かったこと

2018年5月23日
omm2017

OMM JAPAN 2017 DAY1のゴールと氷点下の朝 | レポート3

2017年11月29日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

登山と旅を中心に実体験を書いて行きたいと思います。ウルトラライト、U.L系のハイキング情報や、それ以外にも体験談や購入履歴を中心に皆様に少しでも役立つ情報を提供していければと思います。 登山の記録が少ない、と言われますが写真が膨大でまとめるのに時間がかかっています。じっくりお付き合いいただければ幸いです。 ■使用機材 ・SONY ILCE-7S +leica summicron 50mm f2 ・SONY DSC-RX100(現在は使用しておりません) ・Olympus Tough TG-5 ・dji spark